あきゅらいず 秀くりーむ 成分表

秀くりーむの成分表チェック!

秀くりーむってどんな成分を使っているんだろう…。」
ある程度コスメに詳しい方なら、成分について気になるものですよね。
今回の記事では、あきゅらいず美養品「秀くりーむ」の成分表に沿って全成分を一つずつ解説していきたいと思います。

 

秀くりーむの全成分

水、グリセリン、BG、スクワラン、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、コメヌカエキス、ローヤルゼリーエキス、クズ根エキス、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、ホホバ種子油、ポリグルタミン酸、水溶性コラーゲン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、DNA−K、スーパーオキシドジスムターゼ、水添レシチン、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、1,2−ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン

 

出典:あきゅらいず公式サイト

 

秀くりーむの成分それぞれの効果、作用

ここでは秀クリームの成分について一つ一つ効果と作用を解説していきます。

 

「一番多いのが水!?」と思われがちですが、水は潤いのある基本となる大事な成分です。水といっても色々種類があるのですが、秀くりーむの場合はスタンダードな精製水を使用しています。

 

グリセリン

保湿剤としてよく知られているグリセリンですが石油由来のものとヤシ、パーム油由来の方ものとがあります。秀くりーむにはヤシ、パーム油由来のグリセリンが使用されています。

 

BG

ブチレングリコール。保湿剤になりますがグリセリンよりさらっとした感触なのが特徴です。抗菌効果も高いため、防腐剤の代わりに使われることも多い成分です。皮膚への刺激はほとんどありません。

 

スクワラン

スクワランは人間の体内にも元から存在していますが、鮫の肝油や植物など様々な生物から抽出できる油脂になります。肌になじみやすく、高い保湿効果を発揮します。

 

タンジン根エキス

ゴマノハグサ根エキス

オカゼリ果実エキス

ベニバナ花エキス

ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス

スイカズラ花エキス

アマチャヅル葉エキス

ムラサキ根エキス

オタネニンジン根エキス

オウレン根エキス

以上の10成分をあきゅらいず美養品では総称して草根木皮たまりと呼んでいます。草根木皮たまりの内容成分については別記事で詳しく解説しています。

 

参考記事:あきゅらいず美養品 | 「草根木皮たまり」って何?

 

 

コメヌカエキス

記米ぬかエキスにはビタミンB群やビタミンE、ミネラルなど美肌に必要な栄養素が多く含まれています。特にターンオーバー(肌の再生)が正常に行われる効果が期待できます。

 

ローヤルゼリーエキス

栄養価が高いことでよく知られているローヤルゼリーエキスですが、化粧品として配合した場合にはシミの予防、肌の新陳代謝の活性化などうれしい作用をもたらします。

 

クズ根エキス

漢方でよく知られる葛根湯の原料となるクズ根。血行促進のほか、保湿作用など肌になっても高い効果が期待できます。主成分はでんぷんなので水に溶かしたときにとろっとしたゲル状のテクスチャーとなります。

 

ボタンエキス

ボタンの根の皮から抽出されたエキスのことです。アラントインという成分を含んでおり消炎作用、皮膚再生作用があります。また、近年になり、活性酸素を除去する抗酸化作用が注目され、アンチエイジングの成分としても期待されています。

 

アルテア根エキス

アルテア(ビロウドアオイ)の根から取られたエキスのこと。タンニンを含んでいるため収れん作用(皮膚を引き締める作用)に優れ、肌のキメを整える効果が期待できます。

 

フユボダイジュ花エキス

別名シナノキエキス。フラボノイド、タンニンを含んでおりターンオーバーの促進や収れん作用をもたらします。肌荒れの防止、肌のキメを整えるなど、美肌にも役立ちます。

 

アルニカ花エキス

アルニカの花から抽出されたエキス鎮静効果に優れており、敏感肌用の洗顔料やクリームにはよく配合されています。他の天然ハーブエキスと併用することによって相乗効果を示します

 

アロエベラ葉エキス

アロエの葉から取られたエキスです。昔からやけどや切り傷の治療薬としても使われてきました。紫外線を吸収する作用もあるためUVケア化粧品に配合されることもあります。

 

クロレラエキス

藻の一種であるクロレラを煮込んで抽出したエキス。栄養価が高く、細胞を活性化する作用があるためシミやシワくすみ対策には効果的。育毛剤にもたびたび使われる成分になります。

ホホバ種子油

保湿力の高いホホバオイルは、人間の肌にも馴染みやすく、角質を柔らかくしてターンオーバーの促進をサポートします。肌の潤いもアップしハリやツヤを与える効果が期待できます。

 

ポリグルタミン酸

ポリグルタミン酸は、納豆から抽出されるアミノ酸の一種で、保湿効果が高いとされています。また、肌に定着しやすいのもポリグルタミン酸の特徴で、化粧品の成分を効果的に肌に届けるサポート役としても活躍します。

 

水溶性コラーゲン

人間の真皮層に存在する保水性分のコラーゲンですが肌の表面に塗った時には、高い保湿効果を示すことで知られています。水溶性コラーゲンは生コラーゲンと比較して肌へ浸透しやすく、保湿効果も高いとされています。

 

セラミドNP

セラミドAP

セラミドEOP

細胞と細胞の間の隙間をぴったりと埋めて高い保湿効果を発揮するセラミドですが、いくつか種類があるうちのこの三つはヒト型セラミドにあたります。もともと人間の肌に存在しているわけですが、加齢とともに減少する特徴があるので積極的に化粧品から摂りたい成分です。

 

フィトスフィンゴシン

前述したセラミドと非常によく似た構造を持っており、高い保湿効果が期待できる成分です。肌になじみやすく、敏感肌にも使用できるためアトピー用の化粧品にも用いられることがあります。

 

コレステロール

コレステロールと聞くと体に悪そうなイメージがあるかもしれませんが、天然の動物性油脂であり、皮膚に塗った時には肌表面を保護して刺激から守ってくれる働きを持っています。

 

グリチルリチン酸2K

正式名称をグリチルリチン酸ジカリウムと呼びます。甘草と言う植物の根から取られ、古くから漢方薬や医薬品としても使われてきました。炎症を抑えて肌荒れを予防することで有名な成分です。

 

DNA−K

核酸カリウムのこと。保湿効果を持ち、皮膚細胞の生成をサポートします。皮脂の分泌をコントロール作用もあるため、肌の水分バランス調整効果が期待できます。

 

スーパーオキシドジスムターゼ

人間の体内にも存在している酵素。高い抗酸化作用を示し、アンチエイジングへの効果が期待される成分でもあります。

 

水添レシチン

界面活性剤の一種。大豆や卵黄に含まれている成分で、天然由来であることから合成界面活性剤よりも安全性に優れ、刺激が少ないのが特徴です。製品の水分と油分が分離しないようにするための乳化剤の役割を持ちます。

 

ラウロイルラクチレートNa

動物性脂肪酸から作られた界面活性剤の一種で、石油系合成界面活性剤よりも刺激が少なく、安全性が高いのが特徴です。乳化剤の目的で配合されていますが特に保湿成分のセラミドの品質を安定させる意味があります。

 

カルボマー

増粘剤の目的で添加されています。水以外の成分にもよく溶け、化粧品全体の使用感が良くなります。合成化学成分になりますが、分子が大きいため、皮膚に浸透することはないので安全です。

 

キサンタンガム

増粘剤の目的で添加されています。天然由来の成分でとうもろこしのでんぷんを発酵させることにより作られます。分離しやすい成分を一つにまとめ、安定して肌に届ける役割があります。

 

トコフェロール

トコフェロールとはビタミンEのことです。抗酸化作用が注目され、アンチエイジングでは今ではメジャーな存在として知られています。

 

クエン酸

レモンなどの柑橘類の酸っぱい成分がクエン酸です。化粧品にはキレート剤の役割としてよく配合されます。

 

※キレート剤とは金属イオンと結びつくことによって無効化させるためのものです。
製品に含まれる微量な金属イオンは特定の成分と結びつき、その効果を半減させてしまうことがあります。

 

クエン酸Na

クエン酸をナトリウムで中和させたものです。通常のクエン酸と合わせて配合することで肌に近い弱酸性にする目的があります。

 

水酸化K

アルカリ性で、pH調整剤に用いられます。水酸化カリウム自体にも皮膚を柔らかくする作用があります。

 

1,2−ヘキサンジオール

カプリリルグリコール
どちらもグリセリンやBGと同じく高い保湿効果を発揮します。この2つの成分はセットで配合されることが多いのですが、その理由は高い抗菌力にあります。カビや雑菌への耐性に優れ、製品が腐ってしまうのを防ぎます。防腐剤フリー、パラベンフリーなど低刺激の化粧品によく用いられます。

 

フェノキシエタノール

こちらも防腐剤の目的で配合されていますが、緑茶や玉露から発見された成分ということで天然由来のものとなります。パラベンと同程度の防腐効果を示します。エタノールという名前からアルコールのような刺激性を心配する方もいらっしゃいますが、通常のエタノールとは別物であり、比較的低刺激な成分です。

 

エチルヘキシルグリセリン

多価アルコールの一種で、皮膚に刺激の少ない安定性のあるグリセリンとして化粧品によく用いられます。

 

 

まとめ

秀くりーむの成分について疑問は解決しましたか?

 

秀くりーむはあきゅらいず美養品の独自成分である「草根木皮たまり」をはじめ、多くの天然成分を使った保湿クリームです。
肌に優しい上に高い美肌効果が期待できる反面、天然成分は品質が安定しにくいというデメリットもあります。
そのため、必要最低限の合成成分を配合しているのも事実。ですから、合成成分を一切使いたくないという方にはあきゅらいず美養品はおすすめできません。

 

しかし、きちんと管理された天然成分を積極的に肌に取り入れ、すっぴんでも自信の持てる自活力にあふれた素肌を手に入れたい方には、この商品は大変おすすめです。

 

化粧品は自分の肌との相性も大事となってくるので、不安な方はトライアルキットである「あきゅらいず美養品お試し詰合せ」から始めてみると良いでしょう。

 

 

あきゅらいず美養品トライアルキット「お試し詰合せ」詳細はここをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

秀くりーむの使い方。効果を上げるコツ
あきゅらいず美養品の秀くりーむで保湿をする際、正しい使い方をすることが大切です。同じ商品でもより効果を高めて使いたいですよね。この記事では気を付けるポイントを解説しています。
秀くりーむの保湿効果について
あきゅらいず美養品の秀くりーむは天然成分を使った保湿クリームです。その実際の効果がどのくらいなのかを調べてみました!