あきゅらいず 泡石 成分表

泡石の成分表をチェック!

あきゅらいず美養品「泡石」の成分表をチェックしたいあなたはきっと「危険な成分は使ってないのかな?」という部分が気になるのではないでしょうか。

 

今回は、泡石の成分表とその中身についてざざっと解説していく記事になっております。
参考になれば幸いです。

 

 

泡石の成分表

カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリン、ソルビトール、スクロース、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、コメヌカエキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、スクワラン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、スーパーオキシドジスムターゼ、BG、ステアリン酸スクロース、ステアロイルグルタミン酸2Na、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、エチドロン酸4Na、トリルビグアニド、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(クロロフィリン/銅)複合体

 

引用:【あきゅらいず公式サイト】

 

 

それぞれの成分の効果・作用

 

カリ含有石ケン素地

石けん素地にはナトリウム石けんとカリ石けんとがあります。カリ石けんは大豆油やオリーブ油など植物性油脂から作られた刺激の少ない石けんで、水に溶けやすく泡立ちが良いのが特徴です。

 

DPG

DPGとはジプロピレングリコールのこと。石鹸の滑りを良くする効果、肌を保湿する効果があります。

 

精製水。さまざまな成分を溶かし合わせるために使います。

 

グリセリン

保湿剤としてゆうめいなグリセリンですが、石けんに添加することによって洗浄力をある程度抑え、皮脂を取り過ぎない効果が期待できます。

 

ソルビトール

天然の保湿成分。化粧品には保湿剤、保水剤、柔軟剤、潤滑剤の目的でよく使用されます。

 

スクロース

ショ糖と呼ばれる糖分。保湿効果のほか、洗浄力を抑えてマイルドな洗い上がりにする効果があります。

 

 

タンジン根エキス

ゴマノハグサ根エキス

オカゼリ果実エキス

ベニバナ花エキス

ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス

スイカズラ花エキス

アマチャヅル葉エキス

ムラサキ根エキス

オタネニンジン根エキス

オウレン根エキス

 

以上の10成分はあきゅらいず美養品の独自成分、「草根木皮たまり」になります。
詳しくは以下の記事を参照してください。

 

参考記事:「草根木皮たまり」って何?

 

 

コメヌカエキス

米ぬかエキスには水溶性米セラミドと言う成分が含まれており、ヒトセラミドと同様に高い保湿効果が期待できます。また、米ぬかエキスはビタミンB群が豊富で、ビタミンB群には皮膚を再生する効果、皮膚の炎症抑える効果が期待できます。

 

クズ根エキス

クズ根は漢方で言う葛根(かっこん)のことで、血行促進や新陳代謝を活発にする作用があります。また、クズ根は天然のデンプンが豊富なため、保湿効果が見込める成分でもあります。

 

アロエベラ葉エキス

食用としても一時期大人気となったアロエですが、このアロエのエキスを肌に塗ると多くの美容効果があることがわかっています。古くから知られているのは消炎作用、鎮静作用です。火傷の治療に用いられてきたこともあり、皮膚の炎症を抑えて肌荒れを改善する効果が期待できます。そして最近となってアロエの葉には細胞構築作用、ターンオーバー促進作用もあることが明らかになりました。

 

クロレラエキス

クロレラエキスはサプリメントや健康食品でも人気の高い成分ですが、とにかく栄養が豊富です。美肌にも嬉しいビタミン類やアミノ酸を多く含んでいて、天然の保湿効果も期待できるほか抗酸化作用もあるためアンチエイジングに有効なせいぶんです。

 

スクワラン

サメの肝油から取られる油脂が原料となっているスクワランオイル。汗と反応して皮膜を作る性質を持っていて、その皮膜が高い保湿効果を発揮します。肌を刺激から保護する作用もあり、人間の身体にも存在する成分なので非常に肌に馴染みやすいオイルと言えます。

 

 

セラミドNP

セラミドAP

セラミドEOP

セラミドと言っても植物性、動物性など種類がたくさんあるのですが、セラミドNP、APは人間の肌に存在するヒト型セラミドの仲間です。旧表示で表すとセラミドNP→セラミド3 セラミドAP→セラミド6U セラミドEOP→セラミド1になります。この3種類のセラミドは加齢と共に大きく減少してしまう保湿成分のため、30代以降は積極的に補充したい成分と言えるでしょう。

 

フィトスフィンゴシン

フィトスフィンゴシンはセラミドと似たような組織構造を持つため、肌への保湿効果が期待できる成分です。肌に優しい植物性の成分で、肌の保護をする作用もあります。

 

コレステロール

人の毛穴から分泌される皮脂にもコレステロールが含まれていて、肌への浸透性が高い油脂成分です。食物として摂取しすぎると動脈硬化など健康を害する成分ですが、肌に塗る場合は全く毒性はなく、エモリエント効果(肌を保護・保水することによって柔軟にする効果)が期待できる成分となります。

 

グリチルリチン酸2K

甘草(カンゾウ)の根から取られる成分で、皮膚のコンディションを整える成分として育毛剤や皮膚医薬品にも配合される成分です。強い消炎作用、抗アレルギー作用があるため化粧品への配合量は0,5%までと制限されていますが、それだけ高い効果が期待できる成分ということです。

 

スーパーオキシドジスムターゼ

スーパーオキシドジスムターゼは省略してSODと表記されることも多いです。これは活性酸素(老化現象や病気の原因となるもの。ストレスや疲れ、紫外線など日常生活で溜まっていく)を分解して無毒化してくれる成分になります。

 

BG

BGは1,3-ブチレングリコールの略称で、グリセリンと似たような保水、保湿効果がある成分です。アセトアルデヒドという化学物質から合成していますが、これを添加することによって製品の酸化を防ぎ、防腐効果をもたらします。

 

ステアリン酸スクロース

界面活性剤の一種になりますが、石油由来ではなく動物性脂肪酸を原料としています。比較的安全性が高く、低刺激なのが特徴です。製品の水分と油分が分離するのを防ぎ、品質を安定させるために添加します。また、ステアリン酸スクロースそのものに肌のツヤ出し効果、うるおい効果が期待できます。

 

ステアロイルグルタミン酸2Na

脂肪酸由来の界面活性剤。泡立ちに優れ洗浄力が高いながらも、弱酸性で肌に優しいという特徴を持っています。敏感肌用のアミノ酸系シャンプーにもよく含まれる成分です。

 

ラウロイルラクチレートNa

脂肪酸由来の界面活性剤。セラミドと一緒に配合されていることが多く、セラミドの品質を安定させるために添加します。石油系の合成界面活性剤と比較して刺激は少なく、安全なせいぶんです。

 

カルボマー

合成ポリマーの一種。増粘剤の意味があり、製品の使用感を良くするために添加します。肌にはあまり良くないとされていますが、高分子(粒が大きいということ)なため、肌へは浸透しません。すぐに水に流れるため危険性は極めて低いのが特徴です。

 

キサンタンガム

でんぷんなどの糖質から精製する増粘剤です。水に溶けるとジェル状となり、化粧品には使用感を良くする意味で使います。また、保湿効果もある成分です。

 

エチドロン酸4Na

「キレート剤」と呼ばれるもので、製品の品質を維持するために添加されています。金属イオンが石鹸成分と結びついて効果が半減してしまうということがありますが、この金属イオンの動きを封じる働きをするのがキレート剤です。EDTAが有名ですが、それよりもエチドロン酸4Naの方が毒性が少なく安全です。

 

トリルビグアニド

トリルビグアニドは酸化防止剤です。製品の変色、変質を防止する効果があります。

 

エチルヘキシルグリセリン

通常のグリセリンと同じ位の保湿効果が期待できます。また、抗菌効果に優れているため防腐剤をサポートします。パラベンフリーの化粧品にはよくこのエチルヘキシルグリセリンが配合されています。

 

フェノキシエタノール

防腐剤の意味で添加されているもので、パラベンの代用品とみなすことができます。パラベンと違って天然由来の成分なので安心感があること、肌への影響が少ないことから、近年よく使われるようになった成分です。

 

(クロロフィリン/銅)複合体

天然色素を使った着色料となります。植物の葉緑素クロロフィルから精製したクロロフィリンは成分としてマグネシウムを含んでいますが、これを銅に置き換えることで安定性を増したものが(クロロフィリン/銅)複合体になります。

 

 

まとめ

淡い紫の成分について、気になる部分は解決したでしょうか?
あきゅらいず美養品は自然派なイメージがあるかと思いますが、意外にも完全無添加な化粧品ではありません。
その理由は、「草根木皮たまり」という美肌効果が高いながらも安定性の悪い成分を、しっかりとお肌に届けるために必要な工夫だということですね。

 

 

 

 

関連ページ

泡石(ほうせき)の効果とは?
泡石の効果について解説しています。あきゅらいずの基本アイテムである泡石は使うとどんな肌に変わっていくのか、成分と口コミも交えながらわかりやすくお伝えできればと思います。
泡石の使い方。しっかり泡立てるやり方とは
あきゅらいず美養品、泡石をしっかり泡立てる使い方。この洗顔石鹸を使うと顔がツルツルになって他へは移れない、という声が多数です。実際に使っている方の口コミを交えつつ、泡石の使い方について解説します。
泡石はメイク落としでも使えるか?
あきゅらいずの泡石(洗顔石鹸)のクレンジング力はどのくらいなのか?メイクは落とせるの?実際に使っている方の口コミから分かる情報をまとめてお伝えしています。
泡石はニキビ改善効果があるのかどうか調べました!
あきゅらいず美養品の洗顔石鹸、泡石を使えばニキビが改善するのかどうか、気になったので調べてみました。ニキビには刺激が少ない化粧品を使うのが鉄則です。あきゅらいずの泡石は自然派志向の方に人気ですが、ニキビへの効果はどうなんでしょうか?
泡石はつっぱらないって本当?
「洗顔石鹸は顔がつっぱる。」こんなイメージを持っている方は多いはず。でもあきゅらいず美養品の泡石の口コミを見てみると… 乾燥・つっぱり知らずの泡石、しっとり肌へ導く洗顔石鹸の秘密について解説しています。
泡石の口コミ:くすみが取れる?
あきゅらいずの看板商品である「泡石」。この洗顔石鹸を使うことでくすみが取れるのかどうか、口コミから判断していきたいと思います。東洋ハーブをふんだんに使った自然派洗顔石鹸の驚きの効果を検証。
泡石の口コミ:毛穴が目立たなくなった!?
「泡石を使い続けることで毛穴が目立たなくなってきた」という口コミがみられます。その効果、毛穴に効くメカニズムの秘密とは?すっぴんで外を歩ける肌に必要な要素、今回は泡石と毛穴の関係性に迫ります。
泡石の口コミ:悪い口コミ・評判まとめ
泡石に関する悪い口コミ、低評価の投稿を見つけたのでまとめています。どんな化粧品も肌との相性があるので仕方がないことですが、合わなかった場合にどんなデメリットが出たのかという事例集。
泡石の通販価格。楽天Amazonメルカリ比較
泡石の通販価格を調査しました!楽天やAmazonはもちろん、メルカリとの価格比較情報もお伝えしています。
【洗顔石鹸】泡石は溶けやすい!長持ち秘訣
泡石はあきゅらいず美容品の洗顔石鹸ですが、泡立ちに優れる反面「溶けやすい」とのデメリットがあるようです。口コミから長持ちさせるための工夫を検証してみました。