あきゅらいず 泡石 ニキビ

泡石でニキビが治るか?改善効果を検証

ニキビを治すには洗顔がまず大事ですよね。なのであきゅらいず美養品の洗顔石鹸である泡石にも、ニキビ改善への期待を抱いているのではないでしょうか?
実際に泡石はニキビ改善効果が期待できるのか調べてみました。参考にしていただけたらと思います。

 

泡石の成分はニキビ改善効果が期待できる

ニキビ治療薬やニキビ専用コスメは現在多くの商品が販売されていますが、実はそれらの商品はたいてい、いくつかのお決まりの有効成分を使っているものです。
いくつかある有効成分の中で、泡石の成分でも使われているものをみつけました。
それは…「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリン、ソルビトール、スクロース、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、コメヌカエキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、スクワラン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、スーパーオキシドジスムターゼ、BG、ステアリン酸スクロース、ステアロイルグルタミン酸2Na、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、エチドロン酸4Na、トリルビグアニド、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(クロロフィリン/銅)複合体
出典:あきゅらいず公式サイト

 

このグリチルリチン酸ジカリウムは、甘草(カンゾウ)という植物の根から取られる成分なのですが、消炎作用があることから漢方でも以前より使われてきました。
その効果の高さから、現在では漢方だけでなく化粧品や医薬品の成分としても使われていて、その信頼性の高さがうかがえると思います。

 

ニキビは簡単に言ってしまうと皮膚の炎症です。原因は皮脂の詰まりや細菌の繁殖など色々ありますが、できてしまったニキビに対しては炎症を抑えることが基本です。
すでにニキビができているのなら、顔を清潔にするだけではニキビは治りません。まず炎症を抑えることがニキビの早期改善につながります。
そういった意味でグリチルリチン酸ジカリウムはニキビの対症療法としては効果が期待できる成分と言えるでしょう。

※ただし、進行してしまったニキビは皮膚科へ行くのが最短最速で治す方法です。化粧品を使ってのホームケアは、あくまでも初期のニキビ対策として考えておきましょう。

 

泡石はニキビの予防効果はある?

初期のできてしまったニキビに対してはグリチルリチン酸ジカリウムが有効だというお話をしました。
次は、泡石を使うことでニキビ予防効果があるのか?というお話になります。

 

泡石は保湿成分がふんだんに入った石鹸

ニキビ予防の基本は肌の保湿になります。
きちんと保湿されていれば肌は正常なバリア機能を働かせます。肌がうるおいを保つことで細胞と細胞の間の隙間がなくみっちりと埋められている状態になります。
これにより外部からの刺激にも強くなり、刺激が少なければ皮脂の過剰分泌も抑えられ、ニキビの原因である毛穴の詰まりが起こりにくくなります。

 

泡石は洗顔石鹸でありながらも保湿効果をもたせた肌に優しい石鹸です。保湿成分として有名なヒト型セラミドを3種類配合、また独自成分である草根木皮たまりなど、高い保湿効果を示す成分がふんだんに配合されています。

 

このため泡石は通常の石鹸よりもニキビ対策に合った洗顔石鹸だと言えるでしょう。

 

泡石は洗浄力が控えめ

「ニキビは肌を清潔にしないとダメだから、洗浄力が高い方が良いのでは?」
このように思うたかもいらっしゃると思いますが、実際は逆です。もちろんある程度肌を清潔に保つことはニキビ予防に大事なことですが、洗い過ぎてしまうことは余計にニキビを増やしてしまう原因になるのです。
泡石は洗浄力が控えめなため、洗いすぎてしまうことがありません。それについては、洗いすぎがニキビに繋がる理由とともに解説していきます。

 

皮脂は肌に必要なもの

その理由は、肌に必要な皮脂まで落としてしまうから。皮脂はどうしても悪者にみられてしまいがちですが、肌のバリア機能を支えている大事なものです。
皮脂が肌をコーティングして守ってくれているから、肌の水分が蒸発せずにうるおいを保っていられるのです。加齢によって肌の乾燥が進むのは皮脂の分泌量が減るからと言われています。
そんな必要な皮脂を根こそぎ落としてしまうと、肌が「皮脂が少ないので急いで作れ!」という指令を出し、逆に必要以上の皮脂を分泌してしまします。これにより毛穴が詰まり、ニキビができてしまうというケースは多く、本人は皮脂が悪いと思っているのでさらに強力な洗顔料を使って皮脂を根こそぎ落とそうとする…このような悪循環に陥ってしまいます。

 

洗浄力の優しい石鹸は乾燥ニキビも防げる

また、皮脂を落としすぎて肌が乾燥してしまった場合、皮脂の過剰分泌が起こらなかったとしても毛穴が詰まりやすくなるということもあります。
肌が乾燥すると、剥がれた角質や皮膚のカスなどが多く出るようになります(白い粉吹き状態)。毛穴の入り口付近にこれが溜まることによって、少ない皮脂でも毛穴が詰まってしまうことが多くなります。
これによってできるニキビがいわゆる「乾燥ニキビ」。

 

ある程度の皮脂を残して肌を健康な状態にしておくことは本当に大事です。その意味でも洗浄力の強い洗顔料は肌には逆効果であり、泡石のような優しく洗い上げる洗顔石鹸の方がニキビができにくい肌づくりに適しているといえるでしょう。

 

 

トライアル購入からの現品使用です。
スクラブと秀クリームもラインで使えたら1番いいんだろうけど、高いので今は石鹸だけ使用中。
これを使いだしてからニキビが格段に出来にくくなりました。完全になくなるわけではないですが、細かいのができにくくなり、大きいものも生理前とかたまにできるくらいに!感動です^^
見た目の色に対して、香りは特になし。ネットを使わなくてもよく泡立ちます。もこもこの泡で洗い続けて、鼻の毛穴も目立たなくなりました。肌色も白くなったような?肌理が整ってきたのかも^^目指せ、すっぴんでも自信のある肌!!

 

値段は高めですが、使う価値は十分にあると思います。
出典:アットコスメ

 

 

まとめ

泡石に含まれるグリチルリチン酸ジカリウムはニキビに効果的
ニキビ予防に大切なのは保湿
洗浄力の強い洗顔料で皮脂を落としすぎるのは逆効果
泡石は優しく洗うのでニキビ対策にも適している

 

 

 

 

 

関連ページ

泡石(ほうせき)の効果とは?
泡石の効果について解説しています。あきゅらいずの基本アイテムである泡石は使うとどんな肌に変わっていくのか、成分と口コミも交えながらわかりやすくお伝えできればと思います。
泡石の使い方。しっかり泡立てるやり方とは
あきゅらいず美養品、泡石をしっかり泡立てる使い方。この洗顔石鹸を使うと顔がツルツルになって他へは移れない、という声が多数です。実際に使っている方の口コミを交えつつ、泡石の使い方について解説します。
泡石(洗顔石鹸)の成分表チェック!
あきゅらいずの看板商品である泡石の成分表をチェックしました!泡立ちの良い洗顔石鹸と評判の商品ですが、使っているものを見てみましょう。
泡石はメイク落としでも使えるか?
あきゅらいずの泡石(洗顔石鹸)のクレンジング力はどのくらいなのか?メイクは落とせるの?実際に使っている方の口コミから分かる情報をまとめてお伝えしています。
泡石はつっぱらないって本当?
「洗顔石鹸は顔がつっぱる。」こんなイメージを持っている方は多いはず。でもあきゅらいず美養品の泡石の口コミを見てみると… 乾燥・つっぱり知らずの泡石、しっとり肌へ導く洗顔石鹸の秘密について解説しています。
泡石の口コミ:くすみが取れる?
あきゅらいずの看板商品である「泡石」。この洗顔石鹸を使うことでくすみが取れるのかどうか、口コミから判断していきたいと思います。東洋ハーブをふんだんに使った自然派洗顔石鹸の驚きの効果を検証。
泡石の口コミ:毛穴が目立たなくなった!?
「泡石を使い続けることで毛穴が目立たなくなってきた」という口コミがみられます。その効果、毛穴に効くメカニズムの秘密とは?すっぴんで外を歩ける肌に必要な要素、今回は泡石と毛穴の関係性に迫ります。
泡石の口コミ:悪い口コミ・評判まとめ
泡石に関する悪い口コミ、低評価の投稿を見つけたのでまとめています。どんな化粧品も肌との相性があるので仕方がないことですが、合わなかった場合にどんなデメリットが出たのかという事例集。
泡石の通販価格。楽天Amazonメルカリ比較
泡石の通販価格を調査しました!楽天やAmazonはもちろん、メルカリとの価格比較情報もお伝えしています。
【洗顔石鹸】泡石は溶けやすい!長持ち秘訣
泡石はあきゅらいず美容品の洗顔石鹸ですが、泡立ちに優れる反面「溶けやすい」とのデメリットがあるようです。口コミから長持ちさせるための工夫を検証してみました。