あきゅらいず すっぴん

あきゅらいずユーザーは本当にすっぴん?

「すっぴんでお出かけしよう。」

 

あきゅらいず美養品のホームページを見るとこのようなキャッチフレーズが出てきますが、これを使うことで、本当にすっぴんに自信が持てるようになるのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、あきゅらいず美養品を使っているユーザは実際にすっぴんになれているのかどうか、調べてみました。

 

 

あきゅらいず社員の方は全員すっぴん

あきゅらいずのスタッフの方々は、実は毎日すっぴんで勤務されているとのこと。
「公式サイト画像」

 

あきゅらいずの社長である南沢紀子さんの考えで、
「素肌に自信が持てないような人がスキンケアを販売する資格は無い」というものがあるようです。

 

一見厳しくストイックな考えにも思えますが、それだけ自信があるってことで、すごいなぁと思います。

 

もちろん、すっぴんで勤務することが強制なわけではない様子。会社自体の雰囲気がそういう感じだということみたいです。
でも、スタッフさん自らあきゅらいず美養品を使っていて、それで人前に出て接客されているわけですから、それが品質の証明にもなっていますよね

 

ちなみに、最初から肌が綺麗な人を採用しているわけではないそうですよ(笑)

 

一般ユーザーによるすっぴんの口コミ

(前略)自分の肌がこういうお手入れが向いているというのも驚きです。UV対策も、一般的なものだと肌の負担になるようで、結局日中は秀くりいむのみの使用で、夜は泡石と優すくらぶでしっかり落とすというケアしかしていません。しかも連日すっぴん

 

しみが増えたかどうかははっきりとはわかりませんが、明らかにそのほうが肌全体の状態がいいようなんですよね。なんて無謀なことをしているのだろう?とドキドキする面もありますが、自分の体の声をきくとこうなってしまうという、、、(後略)
(アットコスメから口コミ引用)

 

やはり一般のユーザーの中にも、あきゅらいず美養品を使うことですっぴんになれた、と言う方はいらっしゃるようです。

 

「元々すっぴんになりたいような人とかナチュラル志向の方があきゅらいず美養品を使う」というのはあると思いますが、それでも実際にすっぴんで人前に出られるような肌に変わった、という実感が持てたのはすごい事ですね。

 

あきゅらいず美養品を使い始める方は、

メイクで顔を作り込むのに疲れてしまった

というケース、または

厚塗りメイク→入念なクレンジングが必要→肌にダメージ→隠すためにまたメイク厚塗り…と言う負のサイクルを終わらせたい

というケースであることが多いです。

 

 

「余分なものをそぎ落とし、シンプルに暮らしたい!」

 

 

このような思いが少しでもある方なら、あきゅらいず美養品を試してみる価値があるかもしれません。

 

 

↓あきゅらいず美養品を初回限定価格で手に入れるならこちら


 

 

 

メイクが好きな人にはおすすめしない

女性としてメイクそのものを楽しみたい、いろいろなアイテムを使いこなして作り込んでいくのが好きでたまらない、という方にはあきゅらいず美養品はおすすめできません。

 

そのような方にとっては、あきゅらいず美養品よりもデパートに売っている高級化粧品の方が使っていて絶対に楽しいでしょうし、あきゅらいず美養品ではいろんな意味で物足りないと感じるでしょう。

 

若くて強い肌を持っているうちは、思いっきりメイクを楽しむ時期があったほうがいいです。
私にはもう戻ってこない時期なので羨ましい(笑)

 

 

まとめ

  • あきゅらいずで働いている人たちは皆すっぴん
  • メイクが好きな女性にはあきゅらいず美養品はオススメしない
  • すっぴんのシンプルな暮らしをしたい方はあきゅらいず美養品が合っているかも
  • あなたの肌に合うかどうか「お試し詰合せ」が最適

 

 



 

 

 

 

 

 

関連ページ

あきゅらいずは界面活性剤とか無添加?
あきゅらいずは自然派・無添加なイメージがあると思いますが、界面活性剤など使っていないんでしょうか?実際のところはどうなのか、敏感肌・無添加志向の方にとって気になるポイントを徹底解説します!
敏感肌にも使える?低刺激は本当なのか
敏感肌の方がたどり着くコスメがあきゅらいず美養品…こんなパターンは実際に多いそうです。あきゅらいず美養品はハーブなどの植物成分を使って自然な作用で肌に働きかけます。しかしそれが本当に低刺激なのでしょうか?
「草根木皮たまり」って何?
あきゅらいず美養品のすべてに含まれる成分、「草根木皮たまり」。聞き馴染みがないと思いますが、この効果がどんなものかを調べてみました。あきゅらいず美養品のキモとなるこの成分の正体をどうぞご覧ください。